ベチバー加工品について

ベチバーは東南アジア一帯を原産とするイネ科の植物です。昨今ではアロマテラピーなどの分野でも幅広く使われるようになりました。自然豊かな香りで緊張やストレスを鎮めて癒してくれる効果が認められています。高級ブランドのシャネルやディオールの香水のベースノートにも使われているということが知られています。株式会社アカルの「ベチバー根」製品の持つ多機能性をご紹介します。

  • ベチバー根の持つ主な機能

■消臭
ベチバー根の持つ機能の1つとして「消臭」があげられます。その消臭効果についてアカルが独自製法にて開発したベチバー根製品を九州大学農学部との共同研究によって試験をした結果、活性炭や備長炭と比べて消臭力が高いということがわかりました。
■防虫
また、ベチバーの根はインドネシアなどでは虫よけとして使われています。そこでアカルの製品にて検証を行ったところ害虫(蚊・ダニ・ゴキブリ)に対して優れた忌避効果を持つという結果がでました。
■抗菌
さらに大腸菌・ブドウ球菌に対しての抗菌効果があることも認められました。
■癒し
ベチバーは癒しの効果もあり、「緊張」や「ストレス」などを緩和するといわれています。リラックスしたいときにはぴったりの香りです。

  • アカルはベチバー根を独自開発

アカルはベチバー根を「乾燥根」「パウダー」「抽出液」の3形態を独自で開発しました。独自の製法によってそれぞれ開発し特許を取得しています。そのようにして抽出されたベチバー根抽出水溶液の消臭効果を検証したところ有名ブランドとも遜色ない消臭効果が認められました。

  • 安心なアカルのベチバー製品

アカルの化学薬品を材料としない「ベチバー」製品は安全な消臭剤、防虫剤、抗菌剤として皆様にご利用いただき、ご好評をいただいています。自然の偉大な力を活かした製品は介護の場面やペットのいるお宅、お子様の虫よけ対策にもいろいろな用途があります。アカルのベチバー製品をぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加