エアコンの臭いが気になる!

そろそろエアコンを使う時期がやってきました。しばらく使ってないエアコンを運転したときに気になるのがエアコンの臭い。シーズンの度に気になるもののそのままあきらめていませんか?少しの工夫で臭いが軽減されるかもしれません。今年はエアコンの臭いが気になったら試してみてはいかがでしょうか。

  • エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いの原因は以下のようなものがあります。
・空気の汚れからくる臭い
エアコンは室内の空気を取り込んで冷やしたり、温めたりして部屋に戻すという仕組みなので部屋が臭うとエアコンから出てくる風も臭くなります。具体的にはほこりや汗、料理の油やタバコ、ペットの臭いなどです。
・フィルターの臭いによる臭い
エアコンのフィルターはホコリなどの汚れを吸い込まないためのものですが、フィルターそのものが汚れている場合も臭いの原因となります。
・湿気によるカビのカビよる臭い
除湿モードなどで臭いが気になるときは湿気によるカビによるものと考えられます。冷房や除湿運転の際にはエアコンの内部に結露がたまりやすくなりその水滴とホコリなどの汚れが混ざるとカビが繁殖しやすくなります。湿気の多い梅雨の時期もカビが発生しやすくなります。

  • エアコンの臭い対策

エアコンの臭いを消す対策としていくつかあります。
・エアコンのフィルターを掃除する
ホコリを除去するためのエアコンのフィルターですから汚れていては意味がありません。運転効率にも影響しますのでまめにお掃除することをおすすめします。
その際、各エアコンで注意点がありますのでエアコンの掃除の前にしっかりと説明書をチェックして行ってください。このときフィルターだけなくエアコンのルーパーもお掃除するとさらにいいでしょう。同様に説明書で注意点を確認の上行ってください。
・冷房を16度に設定して1時間置く
最近SNSで話題になっている方法です。冷房を16度に設定して、窓を開けて換気しながら一時間運転するという方法です。これは低めの温度でエアコン内部に結露が発生しそこに付着していた臭いが溶け込んで排水管から屋外へ洗い流されるという仕組みのようです。窓を全開にするのは空気中のにおいも室外に排出され臭いが軽減されるということです。この方法では室外の湿度が高いときに窓を開けて冷房運転をすると時間がたつにつれて室内機に露が発生し家具や床などを濡らす恐れがあるという注意点があります。室内機での下をビニールを敷くなど自己責任において行ってください。
・業者に頼む
どうしても臭いがとれない場合は業者に頼むのもいいかもしれません。特にエアコン内部は複雑な構造となっているため自分ではできません。専門の業者にエアコンのクリーニングをしてもらいましょう。
・部屋の臭い対策
タバコやペットなど常に部屋の臭いの原因がある場合はそちらの対策も必要です。こまめに換気をしたり消臭剤や消臭スプレーを利用して部屋の臭いをなくすようにしましょう。

アカルの消臭スプレー

100%自然原料消臭剤 オリーブリーフミスト

  • エアコンの臭い予防

エアコンの臭いが発生しないようにエアコンの臭いの予防も大切です。
・換気をする
エアコンを使う季節でも意識的に換気をしましょう。室内の臭いがこもってしまうとエアコンからでる空気も臭ってしまいます。
・エアコンの電源を切る前に送風運転する
エアコンを切る前にしばらく送風運転をしエアコンの内部の水分を乾かし結露の発生をおさえカビの繁殖を防ぎます。エアコンを使っていない時期でもホコリや汚れ対策としてたまに送風運転をするといいでしょう。
・定期的に掃除する
ついつい忘れてしまいがちなエアコンの掃除ですがフィルターやルーパーを定期敵に掃除することで臭いの予防になります。
・自動掃除機脳付きのエアコンに替える
まだこの機能がついていない場合は自動掃除機脳付きのエアコンに買い替えるという方法もあります。ただこのエアコンでも全く臭いがなくなるというわけではありません。メーカーごとに仕組みも違いますので購入の際はしっかりと比較検討しましょう。

  • エアコンの臭いを軽減して快適な夏を

今年も相変わらず家で過ごす時間が長いようです。この夏もエアコンは活躍することと思います。適切な臭い対策をして快適なエアコン生活をおくりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加