ブーツ臭い対策

寒い季節、お世話になるのがブーツ。しかし意外に気になるのがその臭いではないでしょうか。お店や友人の家でブーツを脱ぐ機会があるときは特に気になりますね。ブーツは暖かい分だけ通気性が悪いので臭いがこもりやすく、お手入れも普通の靴よりも面倒な気がしますね。気づかないうちに周りの人に嫌な思いをさせることがないよう気を付けておきましょう。

  • ブーツの臭いの原因

臭いの原因はブーツがやはり通気性が悪いことです。ブーツをはく時期は寒いので厚手の靴下やタイツをはいていることが多いです。そのため汗がよりこもりやすくムレやすくなってしまいます。このような状態でより細菌が繁殖しやすくなり臭いの原因となります。細菌のエサとなりやすい古い角質も臭いの原因となりますので足のお手入れも忘れないようにしましょう。

  • ブーツの臭いの具体的な対策は

足を清潔にする
夏よりもあまり汗かいていなくても、足の指の間などまで丁寧に洗い角質のケアもしましょう。足の臭いも角質もケアできるフットクリームなども販売されていますので、利用するといいかもしれません。

靴下や中敷きを工夫する
通気性のよい靴下や中敷きを使用しましょう。除湿機能や消臭効果のある中敷きもありますのでいろいろと探してみてはいかがでしょうか。

ブーツ自体の臭いをとる
消臭スプレー(「靴用」とされているもの)を使用したり、炭を入れたり、コーヒーかすを入れたりするのが効果的です。また、10円玉を入れることで銅イオンが細菌を分解してくれるそうなので、参加してない10円玉をそれそれに適量いれてみるのもいいかもしれません。

ブーツは毎日同じものをはかない
一日休ませてやることでブーツの中の湿気が少なくなり、最近の繁殖を抑えることができます。

  • ブーツは洗える?

冬が終わったたら、ブーツをお手入れして収納することになりますが、臭いも気になるブーツを洗いたいという方もいるのではないでしょうか。
ブーツは素材によって洗えるものと洗えないものがありますのでなるべく専門のクリーニング店にまかせることをおすすめします。そのかわり冬の間は自分でできる臭い対策をしっかりと行って大切にはきましょう。

 

気になるブーツの臭いですが、ちょっとしたことを気を付けるだけでブーツを気にせずお座敷や訪問を楽しめることができますので是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加