魚のにおいを消すには

魚の美味しいい季節ですが、魚のにおいが気になってどうしても調理するのがおっくうになったりしませんか。今では家で丸ごと一匹の魚をさばかなくてもスーパーで気軽に切り身も買えますし、さばいてもらえるサービスもあります。しかしそうはいっても魚を調理する際はどうしてもにおいが手や調理器具についてしまいます。調理前後でついてしまう魚の生臭いにおい。苦手な人は結構憂鬱になります。魚のにおい対策をして美味しい魚を気軽に楽しんでみませんか。

  • 魚のにおいの原因は

魚のにおいの原因はトリメチルアミンという物質です。魚が水揚げされたあと、時間の経過とともにこの物質が増えていくため鮮度がさがるとにおいが強くなっていきます。逆に新鮮な魚はにおいがそれほどきつくありません。
このトリメチルアミンという物質はアルカリ性で加熱すると揮発しやすいという性質があります。また、アルコールには蒸発するとほかのにおい成分を同時に揮発する効果があるため魚のくさみをとるために酒や本みりんを加えて調理するのはよく知られています。
さらにこの臭いの原因物質は手にとてもなじみやすく手のしわに入りやすいのでにおいが簡単に洗い流せずに残ってしまうのです。

  • 手についた魚のにおいをとるには

〇重曹で洗う
お掃除でも重宝する重曹ですが、重曹には除菌作用や消臭作用もあるとされていますので重曹を手にふりかけ少し水を足して手のひらをこすりそのあと普通にせっけんで洗ってみましょう。ただし、重曹は研磨作用があるのでお肌の弱い方やこすりすぎると皮膚が傷つくことがあるので注意が必要です。
〇お酢で洗う
においの原因のトリメチルアミンはアルカリ性なので酸性の物質と反応させるとにおいが発生しにくくなります。酸性の代表としてはお酢です。酢を水で2倍程度にうすめその中に手を入れて擦り洗いしましょう。そのあとしっかりと水ですすぎましょう。同様にレモンなどの柑橘類の皮を手にこするつけるのも有効です。
〇ブラシを使う
上記の方法と合わせてブラシを使って手の凹凸に入りこんでいるにおいの原因をとりのぞきましょう。ただしあまり強くこすりすぎると手が荒れてしまいますので注意してください。

  • 調理器具についた魚のにおいをとるには

調理器具も手の臭いと同様に酢やレモン、重曹などを使うとよいでしょう。まな板に関してはなかなかにおいがとれにくいですので魚をさばいたり、切る場合にはまな板の上に新聞紙や牛乳パックをしいておくと随分と処理が楽になります。
まず大事なことは魚をさばいた後はいったん流水で流すのが基本です。そのあとに洗剤等を使ってしっかりと洗いましょう。また流水で流す場合に熱湯を使うと逆ににおいが閉じ込められて残ってしまうので注意してください。酢を使う場合は酢水を作ってまな板や包丁にスプレーしてしばらく置き水でよく洗い流しましょう。
塩を使った方法もおすすめです。まな板に適量の塩をふりかけ、少量の水をつけて塩でまな板をゴシゴシとこすります。その後水で塩を洗い流し洗剤を使ってしっかりと洗いましょう。塩はどこの家庭でもあるものなので手軽にできます。塩には消臭作用があるので魚の下ごしらえとしてくさみを取るということをやっている人も多いのではないでしょうか。

  • 服についた魚のにおいをとるには

服についた魚の生臭さはとても気になりますね。臭いの原因のトリメチルアミンはアルカリ性でほとんどの洗濯洗剤は弱アルカリ性なので普通通りに洗濯してもなかなかにおいは消えないかもしれません。その場合はやはり酢やクエン酸などの酸で中和するのが大切です。具体的には水をためた容器に酢やクエン酸をいれにおいのついた服をつけおきしましょう。その後、水ですすいで普通に洗濯をしましょう。酢の量は多すぎるとにおいがきつくなりますので少しずつ様子をみながら足すようにしましょう。
だたし、お酢を使う場合はお酢と塩素系漂白剤を同時に使用しないようにしましょう。お酢の酸と塩素系漂白剤の塩素が混ざると塩素ガスが発生します。大変危険なので、絶対に一緒には使わないようにしてください。

  • 魚の臭い対策をしてお魚を楽しみましょう

魚を臭いは酸で中和ということを意識するだけでにおいで敬遠しがちだった魚料理も楽しみやすくなるのではないでしょうか?魚についての基本的な対策は同じですので気軽にお魚を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加