香りの効果について

好きな香りをかぐと人の心は安定するといわれています。それは香りの成分が伝わる脳の「大脳辺縁系」というところが自律神経をつかさどる視床下部と連携していることに関係しています。自律神経は、心身のリラックスに関わるところですので好きな香りや良い香りをかぐと気持ちがリラックスするのです。香りの種類によって効果はさまざまですので生活のなかにとりいれうまく利用してみてはいかがでしょうか。

  • 香りを取り入れる方法は

香りを取り入れる方法は様々ですのでご自分にあったスタイルで香りを楽しみましょう。
身に着けるもの
香水、ボディクリーム、ハンドクリームなど。香水はつけすぎると周りの方の迷惑になる場合があるので気を付けましょう。ボディクリームやハンドクリームで香りを取り入れる場合は、お肌を保湿しながらリラックスできるのでおすすめです。
部屋などに使うもの
アロマキャンドルやディフューザー、芳香剤、ファブリックミスト、ルームスプレーなどがあります。癒しの代表といえばアロマキャンドルですが、冬の乾燥した時期はディフューザーは香りを楽しみながら加湿もできるものがあります。また、最近ではコロナの影響で除菌・消臭機能のあるファブリックミストもたくさんの種類が販売されています。衣類やファブリックにお好みの香りをスプレーすることができます。

  • 香りの持つ効果

香りの持つ効果は様々です。状況によって香りを変えることで香りの効果が期待できます。参考にしてみてはいかがでしょうか。
集中したい
勉強や仕事に集中したいときにおすすめの香りはレモン、レモングラス、ユーカリ、グレープフルーツなどがおすすめです。とくに記憶力を高めたいときにはローズマリーもおすすめです。
リラックスしたい
イライラやストレスを解消してりラックしたいときには、イランイラン、ローズ、ラベンダーがおすすめです。あまりなじみがないかもしれませんが、イランイランの香りはエキゾチック系でオリエンタルな雰囲気を感じられる甘く濃厚な香りです。
よく眠りたい
ラベンダー、ネロリ、オレンジ、カモミールなどがおすすめです。
元気をだしてリフレッシュしたい
ペパーミント、グレープフルーツ、ジャスミンなどがおすすめ。

  • 安心な香りを

香りを生活に取り入れて楽しむ際はできるだけ安心な香りを選ぶことをお勧めします。アロマオイルなどでも天然のものではなかったり値段が安すぎるものでは粗悪品ではないか注意しましょう。もちろん身近な生活の中で感じられる香りにも効果はあります。散歩で季節の香りを楽しむことでも十分に効果を期待できます。金木犀の香りは秋には馴染みのあるものですがリラックス効果や食欲の抑制の効果があるそうです。またヒノキの香りは森林浴を感じさせてくれリフレッシュ効果もあります。

  • アカルのオリーブリーフミスト

アカルのオリーブリーフミストは、エアーフレッシュナーとファブリックミストととしてお使いいただけます。国産のオリーブの葉を原料としており食品に使うグレードのはからエキスを抽出していますので安心です。消臭・抗菌作用のあるオリーブの葉の抽出エキスとさわやかな香りのユーカリプタスオイルを主な成分にしています。さわやかな香りで消臭・抗菌も期待できます。あまり強い香りが好みででない自然な香りがお好きな方におすすめです。

  • ポイント

・生活に香りを取り入れましょう

・状況にあわせて香りを選びましょう

・安心・安全な香りを選びましょう

ホームページをご覧の方限定でサンプルプレゼント! ※数量限定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加