マスクの臭い対策

私たちの生活に欠かせないものとなったマスク。まだまだ残暑が厳しい中マスクの臭いに困っていませんか。マスクの臭い対策について考えてみます。対策することで少しでも快適にマスク生活を送っていけるようにしませんか。

  • マスクの臭いの原因は

まず、マスクの臭いの原因とされるのは細菌。人に息にはさまざま細菌が含まれておりその細菌がマスクに付着します。マスクの中は高温多湿になりやすいためそのまま使用していると細菌が繁殖して嫌な臭いの原因となります。唾液の減少は細菌を繁殖させるといわれていますが、コロナ禍でのストレスや不安により唾液が減少して細菌を繁殖しやすい環境となっているということも考えられます。
また、もともとの口臭もマスクをつけるとマスクをつけていない状態より口臭を感じやすくなるのもマスクが臭いと感じる原因です。口内環境が悪かったり胃腸が悪かったりすると口臭もきつくなりますので、より臭いを感じるかもしれません。
そのほかにはマスクに付着した唾液です。唾液は乾燥すると臭いが強くなる性質があるためマスクに付着した唾液の臭いがきつい場合があるかもしれません。

  • マスクの臭い対策は

マスクの臭い対策としてまずは以下のことを心掛けてみてはいかがでしょうか。
マスクはこまめに交換する
コロナ流行当初はなかなか手に入りにくかったマスクも最近は店頭でも見かけるようになりました。可能ではあればこまめに交換し、洗えるタイプのものはきちんと洗いましょう。
マスクの洗い方は素材や種類によっても異なるようですのでご自分のマスクに合った洗い方を知っておくと安心です。

 

<厚生労働省及び経済産業省布製マスクの洗い方の動画>

マスクのスプレーを使う
様々なマスク用のスプレーが販売されています。アロマの香りや除菌効果のあるものなどご自分の好みに合うものを探してみてはいかがでしょうか。
口の中を清潔にしておく
口の中の環境を整えておくことで自身の口のにおいを改善することができます。歯磨きはもちろん口臭予防のマウスウォッシュなどを使用するのも効果的です。あまりにもにおいが気になる場合は歯科医院で相談してみるのもいいかもしれません。

玄関も梅雨時のにおいで気になる場所。外出して帰ってきて玄関をあけるとモワッとした独特のにおいがすることがありませんか。梅雨時は特に気になります。こちらもやはりポイントは雑菌と湿気。湿気が多いと雑菌が繁殖しにおいの原因になります。

  • ポイント

・マスクの臭いにはまめな交換、洗濯を

・マスク用のスプレーも利用

・口腔内はいつも清潔に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加