靴の臭いどうしたらいい?

だんたんと暑くなるこの時期、靴の臭いが気になりませんか?毎日洗うことはできない靴の臭い対処法をご提案します。

  • 靴の臭いの原因

ズバリ靴の臭い原因は雑菌です。いくら足を洗ったり清潔な靴下を履いていても臭うのはこの雑菌が原因です。
雑菌が好む環境は湿度が高い、温度が高い、えさ(汗や皮脂)が多いところです。これはまさに靴の中ですね。
靴は靴や靴下で保温されさらに湿気も発散されにくい状況です。特にブーツは通気性が悪く雑菌の繁殖には好都合です。また、足裏には大量の汗をだす「エクリン腺」があります。
このような環境が靴の臭いの原因です。

  • 靴の臭いの対処法は

臭いの原因がわかればその原因を取り除けばいいということです。臭いの原因である雑菌の好む環境をなるべく取り除くことが臭いの対処法となります。
湿気をとるためにも、毎日同じ靴をはかずにローテンションしましょう。そして汚れをしっかり拭き取りはかない靴を陰干しして湿気をとりましょう。また、中敷をいれて湿気を取るという方法もあります。また重曹もおすすめです。重曹を不要な布やストッキングなどに入れて靴に入れておくと消臭と除菌効果があります。すぐ履く場合は重曹を靴の中に入れてふった後捨てます。
また、10円玉を靴にいれておくと、銅には殺菌効果があるので靴の中の殺菌をなくしてくれます。
さらに足の汗自体の問題として油の多い肉類や乳製品は汗や皮脂の分泌をさかんにするため足の汗も多くなる傾向があります。またストレスなども汗の量を多くするので注意です。

重曹
  • 緊急時にはスプレーも

外出先で臭いが気になるときにはスプレーを利用することもおすすめです。いろいろなタイプのものがあるのでご自分の好みに合うものを携帯しておくと急な食事会などでお座敷に上がるときなどでも安心です。しかしながら根本的な対策ではないということを頭にいれておきましょう。

株式会社アカルのオリーブリーフミストの携帯用はとても便利です。自然の原料を使い安心してお使いいただけます。

  • まずはお試しください

消臭剤は実際に好みにあうか試してみないとわからないと思います。アカルでは無料サンプルをご用意しておりますので、この機会に是非実際に試してみてはいかかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加