灯油の臭い取り方法

これから寒い季節になると、灯油を給油する機会も増えてきます。灯油を給油しようとしたらついこぼしてしまい服や手についてしまったということはよくあります。灯油は普通の油と違って臭いが強いので臭いをとるにはちょっとしたテクニックを知っておくと対処しやすくなります。独特の臭いで困らないためにも是非参考にしてみてください。

  • 灯油が洋服についたときの対処法

灯油を給油している間に洋服についてしまった場合の対処法ですが、少量の場合は陰干しだけで臭いを落とすことができます。灯油の臭いは揮発させることができますので臭いが消えるまで陰干しし洗濯しましょう。臭いが残ったまま洗濯機の中にいれてしまうとほかの洗濯ものに臭いがついてしまうことがあるので注意が必要です。
陰干しをしても臭いが残っている場合には乾燥した洋服を、ぬるま湯の入ったバケツで食器用洗剤をつけた部分をもみ洗いし洗濯機で洗いましょう。この際まだ臭いが残っていたら念のためほかの洗濯物とはわけて単品で洗うことをおすすめします。
大量の灯油をこぼした場合や大切な洋服に灯油をこぼしてしまったらクリーニングに出しましょう。その際必ず灯油で汚れた旨を伝え、汚れた個所を示しておきましょう。

  • カーペットに灯油をこぼした場合

給油の際、カーペットにこぼしてしまうということもよくあるのではないでしょうか?
この場合はできるだけ早めに対処しましょう。まずはすぐにキッチンペーパーで油を吸収しましょう。さらに新聞紙をのせ重しをして灯油を吸い上げましょう。そしてぬるま湯と中性洗剤を混ぜたものを布につけて灯油をこぼした場所をポンポンとたたき絨毯に中性洗剤をなじませましょう。その際はゴシゴシとこすらないようにしましょう。こすると臭いがさらに広がる可能性があります。最後に別の新しい布をぬるま湯につけて軽くたたき洗剤をふき取りましょう。この作業を2,3回繰り返します。水気が気になるようでしたら仕上げにキッチンペーパーを使って水気をとりましょう。

  • 手に灯油の臭いがついた場合

手に灯油の臭いがついてなかなか取れずに困った方も多いのではないでしょうか?
灯油の臭いはハンドソープで洗ってもなかなか消えません。手順としてはまずサラダ油を少量手に付け手全体に油をなじませて灯油とサラダ油を混ざり合わせます。そしてそのままハンドソープをつけてさらになじませます。最後にぬるま湯で洗い流しましょう。
サラダ油以外の方法ではミカンの皮や茶殻を使う方法もあります。こちらは最初に普通にハンドソープで洗ったあとでミカンの皮や茶殻をこすりつけて、最後にもう一度ハンドソープで洗うという方法です。どちらでもやりやす方法で試してみてはいかがでしょうか。

  • 灯油の臭いで困ったら

忙しいときに限って慌てて灯油をこぼすということはよくあることです。その際は上記のことを頭に入れておいて是非お試しください。ただし、大量の灯油をこぼしたり大切な洋服にこぼしてしまった場合にはクリーニングにだしたり、プロに任せることをおすすめします。間違った対処をして後悔しないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加