タオルの臭いが気になる

タオルの臭いが気になることがありませんか。毎日使うタオルですので、臭いが気になるとつらいですね。臭わないタオルでさわやかな毎日をすごしましょう。

  • 洗濯したタオルが臭うのはなぜ?

毎日洗濯していても、タオルが嫌な臭いがすることはありませんか。その主な原因は「雑菌」。タオルの繊維に雑菌が繁殖し嫌な臭いの原因となっているのです。この雑菌は湿った状態が続くと繁殖しやすく一旦臭いがタオルについてしまうとなかなかとれません。部屋干しなど湿気が多い状況で臭いが強くなるのはこの雑菌の性質のためなのです。また一度タオルに繁殖してしまうとなかなかとれないためやっかいです。ではどのようにすればタオルについた臭いをとることができるのでしょうか?

  • 熱で臭いをとる

タオルの臭いが気になりだしたらまず、熱を利用してみましょう。
タオルを鍋で煮るだけでも効果が期待できます。気を付けたいのは何度も行うとタオルの生地が傷むので気を付けなくてはいけません。
その他にも熱を利用する方法としては、乾燥機を利用することも効果がありそうです。高温で乾燥するため菌を退治できます。コインランドリーを利用するのもいいのではないでしょうか。

  • 漂白剤を使う

熱でも臭いがとれない場合は、漂白剤を利用します。こちらも生地が傷みますので了承したうえで使ってみましょう。漂白剤は規定の分量を正しく使うことが大事です。40℃くらいのぬるま湯に1~2時間付け置きし、さっと洗いあとは洗濯機で洗います。そして洗い終わったらすぐに干しましょう。この場合酸素系の漂白剤を使うと色落ちの心配がなくて安心です。また、漂白剤には液体と粉末がありますが、自分の利用しやすいタイプで利用してみましょう。

  • 洗濯の方法をもう一度見直す

臭い取り方は熱湯、漂白を使うのがいいのですが、一度繁殖した雑菌はなかなか手ごわいですので、日ごろのお洗濯をもう一度見直すことで雑菌のつきにくい環境にするということも大事ではないでしょうか。
・洗濯槽は清潔に!
洗濯槽が汚れていたり、カビが発生していると菌が繁殖しています。まずは洗濯槽をお掃除しましょう。また、湿気がたまらないように洗濯槽のふたは開けておきましょう。
・洗濯物はすぐに洗いましょう。
洗濯ものをためておくと雑菌が繁殖しやすくなります。まめに洗濯することで雑菌が繁殖することを防ぎましょう。
・洗濯物はなるべく早く乾燥させる
冬場や梅雨の時期はなかなか難しいですが、なるべく早く乾燥するのがよいでしょう。乾くのに時間がかかるとどうしても雑菌が繁殖しやすくなります。
・適切な洗剤の量で洗濯する
適切な洗剤の量というのはとても大事です。多すぎると洗剤の残りカスが衣類に付着してしまって臭いの原因となります。適切な洗剤の量で洗濯しましょう。

毎日使うタオルだけに快適に使いたいものです。簡単なことからまずは試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加